美味しい抹茶の淹れ方

こんにちは、山田麻衣です。

 

 

今日は皆さんに美味しい抹茶の点て方をお伝えしますね。

抹茶というと、少し敷居が高いイメージですが、

点てるのはとっても簡単。

自宅のキッチンでちゃちゃっと点てられて、おもてなしにも最適です。

 

抹茶は、緑茶を石臼で挽いて、粉末状にしたもの。

元々日本茶は栄養価が高い食品ですが、お抹茶は丸ごとその栄養をいただけます。

 

それでは点て方を一気に見ていきましょう!

 

 

 

用意するもの

 

■抹茶

■抹茶椀(深めの器であればOK)

■茶筅

■茶こし

■茶杓(ティースプーンやスパイス用のスプーンでもOK)

■沸騰させたお湯

 

 

1.器に茶筅を入れ、お湯を注ぎます

 

抹茶椀の中に茶筅を入れ、その上からお湯を注ぎます。

お湯を入れる理由は、器を温めるためと、茶筅を柔らかくほぐし、しなやかにすることで、折れるのを防ぐことができます。

器が温かくなり、茶筅が柔らかくなったと思ったら、お湯は捨ててください。

 

 

 

 

2.抹茶をいれます

 

茶こしを使って、抹茶をふるいながら、器に入れます。

(抹茶用のふるいがある方は、そちらでふるってもらって、この過程は飛ばしても大丈夫です)

一人分約2g。(ティースプーンだと山盛り一杯)

茶杓で一杯と半分が目安です。

 

 

3.お湯を注ぎます

 

お湯の温度は、人それぞれ好みが違います。

抹茶は、一般的に80度くらいが適温とされています。

ただ、抹茶は温度が高いほどきめ細かい泡がたちますので、

自分好みの温度を見つけましょう。

大体抹茶椀の三割の量くらいが適当です。

ですが、これも人によって、濃いめ、少なめと好みが分かれますので、

好きな湯量や温度を自分なりに見つけてみるのも楽しいですよ。

 

 

4.抹茶を点てます

 

茶筅で抹茶とお湯をかき混ぜます。

縦にジグザグに混ぜる事がポイント。

Mを書くようにして、一気に素早く点ててください。

ダマは潰すようにして点ててくださいね。

 

 

 

 

5.細かい泡を作ります

 

全体的に混ざってきたら、上の方の泡をもっと細かくする為に、

上積みのところを中心に混ぜます。

泡が細かくなってきたら、最後に「の」の字を書いて、ゆっくり引き上げます。

 

 

 

 

抹茶は、水に溶けませんので、すぐに飲んでくださいね。

できたてほやほやの抹茶はとっても美味しいですよビクッリ

 

是非抹茶を日常で点てて、楽しんでくださいね。

 

 

***

山田オススメのお抹茶は小山園の抹茶。

茶道で先生に出していただいてからこちらの抹茶を飲んでいます☆

 

■宇治抹茶 又玄 40g ¥1680