美味しい緑茶の淹れ方

こんにちは、山田麻衣です。

 

今日は日本茶といえば、煎茶ですよね。

緑茶とも呼びますし、様々な呼び名で親しまれている、煎茶。

 

日本茶は、ちょっとしたコツをつかんでしまえば、

とっても美味しく淹れる事が出来るのです!

 

そして、健康効果も美容効果も素晴らしい煎茶。

そんな煎茶を毎日飲むことで、ご自身の健康維持に役立ててください。

 

そんな煎茶の基本的な淹れ方をマスターしましょう!

 

用意するもの

 

■一度沸騰させたお湯

■急須

■人数分の湯のみ

■茶葉

 

 

 

1.湯のみにお湯をいれます

 

人数分の湯のみすべてにお湯を入れます。

茶葉が水分を吸うので、飲みたい量の気持ち多め。

湯呑みにお湯を入れるのは、湯量を測るためと、器を温める為と、

お湯の温度をさげるため、と三つの理由です。

 

煎茶に適した温度は好みにもよりますが、70度~80度。

高温で淹れてしまうと、渋みや苦味成分、そして通常より多くのカフェインが抽出されてしまい、

その茶葉本来の美味しさを損なってしまいます。

 

ですので、一番おいしく淹れられる70度~80度にするために、器から器へと移して温度を下げるのです。

(一度移すごとに-10度さがります)

 

 

 

2.茶葉を急須にいれます。

 

1人分2gくらいです。ですが、1人分の分量のみを急須に入れてお茶を淹れてしまうと、

とても薄いお茶になってしまいますので、

2~3人分の量をいれてください。5g~が特にオススメ。

 

 

 

3.湯のみのお湯を急須に移します

 

湯呑みの湯気がゆっくりとした速度になってきたら、お湯の温度が下がった証拠。

ゆっくりと急須に湯呑みのお湯を全て入れて、蓋をしてください。

1分~2分待ちましょう。

その時に急須をゆすらないでくださいね。

 

深蒸し煎茶の場合は茶葉が細かいので、30秒ほどで大丈夫です。

 

4.湯のみに回し注ぎして淹れていきます

 

写真の①~④の順に、①、②と淹れたら、③、④と返していきます。

均等に淹れるために、回し注ぎをします。

 

 

5.最後の一滴まで注ぎきる

 

急須にお湯が残ってしまうと、蒸れてしまい、茶葉の味が落ち、二煎目、三煎目と楽しめません。

必ず最後の一滴まで注ぎきるようにしましょう。

また、最後の一滴には美味しい部分が詰まっていると言われています。是非それまで飲んでくださいね。

 

 

 

いかがでしたか?

基本的な淹れ方をマスターして、是非美味しいTea timeを楽しんでくださいね。

 

 

二煎目、三煎目と楽しむために

 

お湯を入れていない時は、写真のように蓋を開け、蒸れないようにしましょう。

二煎目は、完全に茶葉が開ききっているので、お湯を入れた後、抽出時間は30秒くらいで大丈夫です。

 

 

 

 

*****

ひとりごと。

 

私がいつも飲んでいるお茶は、

鹿児島県産の美南緑というお茶です。

これは、渋みが少なくうまみが強い、そして何より緑が美しいお茶です。

是非飲んでくださいね。

 

美南緑(みなみ) 100g ¥1620