仏事とお茶の関係。香典返しにお茶が選ばれる理由

こんにちは、山田麻衣です。

 

すっかり夏の匂いが近づいてきたような、そんな初夏の季節になりました。

私はこの夏がはじまるわくわく感のする、ピカピカの新緑の季節が大好きです。

 

 

さて、先日私の近しい親族の告別式があり、

すぐにお茶と繋げて考えてしまう私でして、

お茶は、香典返しや仏事にて選ばれる理由が多いです。

その理由について、まとめみようと思います。

 

 

お茶と仏教はとっても深い関係がある

 

まず、お茶は、奈良、平安時代ごろに遣隋使や遣唐使が中国から仏教などの知識を持ち帰り、中国から日本へと伝えられました。

禅の修行にお茶は用いられ、喫茶法や製茶の方法などは仏教に近い形で広まっています。

その当時のお茶は大変高価で貴重なもので、僧侶や、階級が高い人などの限られた人だけが飲める、特別なものでした。

また、中国から僧侶を招き、仏教の教えを政治に取り入れ、毎日の健康を祈願してお供えしていたものが、お茶でした。

それとは別に、当時僧侶たちは【良薬】として、飲んでいたのがお茶だったのです。

お茶を飲むと、五臓をはじめとした、体の不調を整え、病気になりにくく、

その他眠気覚ましになったりと、僧侶が生活していくうえで、お茶は切っても切り離せない存在でした。

 

お茶は、あの世とこの世の境界線

古来から、お茶の木はお城や墓地、畑の垣根として、境界線としての役目を担ってきました。

そしてまた、お茶は、あの世とこの世の境界線です。

本来ならば、お茶は故人とのお別れとして、その場で飲み、お別れをするものだそうです。

ですが、時代の流れと共に、今は香典返しなどにお茶をお渡しすることで、個人との別れとして選ばれています。

この世からあの世へと旅立つその境界線を越えることが、お茶を飲むことによって示されます。

 

お払いとしての役割

 

「お茶により煩悩を除き、神や仏の助けにより極楽浄土に還り、忌を払う」という昔からの言い伝えがあり、

お茶は、あらゆる忌から守ってくれます。

お葬式ではお塩を体にふり、お清めをしますが、体の中は、お茶で清めましょう。

 

 

香典返しに適するもの

 

香典返しに適するものは、「後に残らないもの」です。

残るものは、故人とのお別れがいつまでもできない。という理由て選びません。

お茶は冒頭にも書いた通り、仏教と深い関係にありますし、飲んでしまえば後には残りません。

また、境界線としての役割。

お茶を飲まない人が増えたとはいえ、まず緑茶が嫌いな人はほとんどおりません。

まさにお茶は香典返しに適したものと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

お香典返しや法事でのお茶は、こちらからご覧いただけます。

 

また、私山田の煎茶ブランド【美南緑】でもお茶を取り扱っております。

是非ご覧になってください。