ワイングラスで氷出し冷茶を楽しむコツ

こんにちは、山田麻衣です。

今日は冷茶の楽しみ方をお伝えしますね。

 

私は、氷出し冷茶が大好き。

簡単に淹れられるし、何よりカフェインレスで、普通に淹れる冷茶より、免疫力アップできちゃう。

そして、何より美味しい!なんと、通常の淹れ方より50%もうまみ成分がアップしちゃうんですよ。

 

そんな素敵すぎる、氷出し冷茶の淹れ方と楽しみ方、お伝えしますね。

 

 

まずは氷出し冷茶の淹れ方

 

冷茶は、常に冷蔵庫にストックできるので、いつでもどこでも好きな時に楽しめます。

夏はもちろん、冬も今は暖房でお部屋は温かくしているので、

乾いたのどを潤すのに最適です。

 

用意するもの

 

氷水

お茶

(急須やティーポットなら5g ティーボトルに入れるなら、10g)

 

作り方

 

急須やティーポットに氷水とお茶を入れ、五分待つだけ。

氷水の量は、急須やティーポットに入れられるだけ氷を入れ、その上から入るだけ水を注ぐ。

ティーボトルも同様に氷を入れられるだけ入れ、その後水を注ぐ。

ティーカップなどにお茶を淹れる前に少し振るのがポイントです。

 

 

 

 

3.4煎目まで楽しめる

 

お茶が無くなったらまた氷水を足して、無くなったら足して、の繰り返しで、

お湯を入れて飲む煎茶より、長く楽しめます。

 

 

氷出し冷茶はカフェインレス

 

緑茶は熱湯を入れなければ、カフェインは出ません。

なので、氷出し冷茶はカフェインレス

小さなお子様から、妊婦さん、授乳中のママまで、楽しんでいただけるんです。

免疫力とうまみ成分UP

 

氷出しで淹れる事によって、うまみ成分が凝縮されて、

まるで玉露のような味わいに。

 

そして、免疫力アップのエピガロカテキンという成分が抽出され、

冬はウィルス、夏は夏バテから、体を守ってくれます。

 

冷茶はワイングラスで楽しもう!!

 

 

ワイングラスの深さや厚さによって、香りが変わります。

日本茶の繊細な香りを楽しみたい方は、深めのブルゴーニュワイン用のグラスなどを使ってみてもいいかもしれません。

 

お客様におもてなしする時にも喜ばれますし、

ご自分で冷茶を楽しみたいとき、食事中にもとってもオシャレですよね。

 

是非、ワイングラスで冷茶を楽しんでくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

使用しているのは、ブルゴーニュワイングラス

ティーボトル ハリオフィルターインボトル