緑茶のいただき方の簡単マナー

こんにちは、山田麻衣です。

煎茶を頂くときの簡単なマナーをお伝えいたします。

 

私個人としては、美味しく淹れるよりも、実はもっと大切なのではないかと思う、マナー。

その理由は、マナーがわかっていないと、心からその場を楽しめないのです。

あたふたしてしまい、お茶を楽しむどころではありません。

だから、どんな場所でも楽しめるように、簡単なマナーを覚えて、

そして、実践の場で役立ててくださいね!

 

今回は、普通のいただき方と、それから蓋つきの急須が出てきたときと、二種類のいただき方の簡単なお作法をお伝えいたします。

 

 

基本的なマナーの前に。

 

お茶を頂くとき以外にも、例えばフレンチのコース料理を食べる前などは、

ジャラジャラしたアクセサリーを手首や指に着けていくのはあまり好ましいものではありません。

もし、そういう場に行くときは、カバンにしまうなど、配慮しましょう。

茶道では、結婚指輪もNGです。

 

それから女性の場合は口紅も。紅い口紅がべったりと茶器やグラスに着くのは、あまり美しくありません。

懐紙やナプキンで、予めオフしておきましょう。

 

 

1.まずは基本のいただき方。

 

写真のように、木目が横、そして、絵柄の正面が自分の方を向いているのが、正しい置き方です。

茶道では、正面をさけるように、ずらしますが、煎茶をいただくときはそこまでしなくても大丈夫です。

 

普通にお友達や、それから目上の人の自宅で頂くときなど、シーンに合わせて臨機応変に対応してください。

 

 

2.右手を添えて、そっと持ち上げる

 

指が縁につかないように側面を持ち、そっと持ち上げます。

この時、茶卓は持ちません。

 

 

3.左手を底に添える。

 

左手を底面に添え、そのままいただきます。

何口でいただく、という明確な定義はありませんので、お好きなようにいただいてください。

お茶は冷めると美味しさが少し落ちるので、美味しいうちにいただくのも、マナーのひとつだと覚えておいてください。

 

 


 

1.【蓋つき湯呑み】のいただき方

 

自分より目上の方や、上司など、普段お世話になっている方には、

是非蓋つきの湯のみでおもてなしをしてみてください。

 

 

 

2.まずは蓋をそっと持ち上げる

 

左手で湯のみの側面を支え、

右手で取っ手をつまむようにして、そっと持ち上げます。

 

 

 

3.蓋の水気を切る

 

蓋をそっと傾け、水気を湯のみの中に落とします。

この時、蓋の内側は自分の方に向けるようにしましょう。

 

 

4.蓋を裏返す

 

蓋の内側についた水滴がテーブルにつかないように、蓋をそっと裏返します。

この時、左手を添え、両手でひっくり返すと、とても上品です。

蓋がコロコロとまわらないように、できるだけ静かに置きましょう。

 

 

 

5.あとは、基本のいただき方でいただく。

 

先程お伝えした、蓋がついていないタイプの湯のみのいただき方で、

そのままいただいてください。

 

 

 

いかがでしたか?

是非参考にしてくださいね!!

 

蓋つき湯呑みはこちらをご覧ください。