ピンク好きにはたまらない!ピンクのお茶道具たち

こんにちは、山田麻衣です。

 

私はピンクが大好き!!

大好きとまではいかなくても、

ピンクが嫌いな女性はあまりいないのではないでしょうか?

 

日本茶の急須や湯呑みでピンクのものって意外と少ないのですが、お気に入りの品々や、

オススメのものたちをご紹介していきます☆

 

 

常滑焼

 

愛知県常滑市で作られる、焼物です。

元々、急須の産地として有名ですが、常滑焼は酸化鉄を多く含んだ土を使って急須を作っているため、

お茶を淹れた時に、とてもまろやかな味になるので、より美味しくいただけます。

茶褐色の急須のイメージが強い、常滑焼ですが、こんなにかわいいものも♡

 

 

ヤマキイカイ クレパスカラー急須

 

九谷焼

 

九谷焼は、石川県の焼物です。陶器も磁器もあり、絵付けを久谷でしたものを九谷焼と呼んでいます。

絵画の様な美しい色鮮やかな模様が特徴の九谷焼ですが、

 

銀彩と呼ばれる、銀箔を貼り付け、その上から透明の透明や、色付の釉を塗り、焼き上げる技法があります。

その銀彩で作られた急須と湯呑は、キラキラとしていて、とっても美しくてキュート。

ピンクとキラキラが大好きな方は必見です!

 

 

九谷焼 銀彩の急須

 

 

南部鉄器

 

コロンと可愛いフォルムが愛らしい南部鉄器の急須たち。

南部鉄器は、その名の通り、鉄の器。

鉄は水をまろやかな味わいにしてくれ、美味しくいただけます。

茶道でお湯を沸かすお釜も南部鉄器の鉄瓶を使っていて、お茶と深い関係にあります。

 

鉄瓶と急須の違いは、中にホーロー加工がしてあるかどうかと直火にかけられるかどうか。

鉄瓶は、ホーロ―加工をしていなので、火にかけることができます。

多少手入れに手間がかかるのですが、とてもおいしいお湯を沸かすことができます。

ホーロ―加工をしてあると、鉄瓶に比べるとお湯をまろやかにする作用は期待できないのですが、

何よりインテリアに合うデザインが素敵で、急須として世界中で人気があります。

 

南部鉄器 急須 アラレ ピンク

 

 

いかがでしたか?

可愛い急須や湯呑みが集まると、それだけでお茶時間が楽しくなるものですよね。

まだまだピンクの急須や湯呑み、紹介していきますので楽しみにしていてください!!